債務整理の任意整理

債務整理の中でも任意整理からご紹介しましょう。任意整理は、司法書士や弁護士などの専門家が間に立って各種の手続き・交渉を行うので、借入者本人の負担を軽減できると言われています。督促が頻繁な状態でも専門家の介入によって即時に停止できるのがメリットだと言われています。

ただし、ブラックリストに掲載されることから5~7年間程度は新規の借入はできません。住宅ローンや車のローンも同様の扱いになることを念頭に置きましょう。過払い金が発生している場合は返金が行われますが、原則として返済の義務が免除されるわけではないので、この点は任意整理のデメリットに挙げられています。

国内には3社程度の信用情報機関があり、借入や返済の状況を把握するデータベースを持っています。この信用情報に任意整理の履歴が掲載されることでブラックリストとなります。

過払い金が発生しているケースでは、今後は無理な金利で返済が滞ることを避けることは可能ですし、返済計画を検討することで、将来的な返済は負担が軽減されるでしょう。自己破産や個人再生のように借金がなくなるのではありませんが、官報に掲載されたり、職業や資格に制限が設けられたりすることはないので安心だと言う方も多くいます。