その他の債務整理

任意整理の他には過払い金請求と自己破産、個人再生があります。過払い金請求は、法律で定められている以上の金利が設定されることで多く支払った額が取り戻せるでしょう。ただし、弁護士などの専門家に依頼することから、着手金や成功報酬の支払が発生します。

また、自己破産や個人再生は、今後の返済がなくなる一方でデメリットは大きいと言われています。自己破産をすると信用情報にはブラックリスト掲載されるので10年間は新規の借入やローン利用が出来なくなります。持ち家のある方は処分も検討に入れることになるでしょう。官報への掲載や一部の職種に関しては制限を受けます。

個人再生は、持ち家を手放すことはなく、職業の制限もありません。しかし、自己破産と同じく10年間はブラックリストに掲載されることや、官報に掲載されること、そして他の3つの債務整理より煩雑な手続きがあるため時間がかかります。

お勤めの方は、一般の方がほとんど見ることはないとは言え官報に掲載されることは望まないでしょう。また、家族に内緒で債務整理したい場合は、持ち家を手放すことに抵抗があるかもしれません。借入者の望む債務整理をするためには、それぞれのメリットとデメリットを把握して選ぶことが重要です。

債務整理の任意整理

債務整理の中でも任意整理からご紹介しましょう。任意整理は、司法書士や弁護士などの専門家が間に立って各種の手続き・交渉を行うので、借入者本人の負担を軽減できると言われています。督促が頻繁な状態でも専門家の介入によって即時に停止できるのがメリットだと言われています。

ただし、ブラックリストに掲載されることから5~7年間程度は新規の借入はできません。住宅ローンや車のローンも同様の扱いになることを念頭に置きましょう。過払い金が発生している場合は返金が行われますが、原則として返済の義務が免除されるわけではないので、この点は任意整理のデメリットに挙げられています。

国内には3社程度の信用情報機関があり、借入や返済の状況を把握するデータベースを持っています。この信用情報に任意整理の履歴が掲載されることでブラックリストとなります。

過払い金が発生しているケースでは、今後は無理な金利で返済が滞ることを避けることは可能ですし、返済計画を検討することで、将来的な返済は負担が軽減されるでしょう。自己破産や個人再生のように借金がなくなるのではありませんが、官報に掲載されたり、職業や資格に制限が設けられたりすることはないので安心だと言う方も多くいます。

債務整理による返済

債務整理は、借金の返済に苦しんでいる方を救済する方法です。種類は4つあり、過払い金請求と任意整理、自己破産、個人再生となっています。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、このサイトに情報を掲載しています。返済が苦しいと感じている方に役立つ情報となれば幸いです。

この債務整理を行う際に注意したいのは、主にデメリットの部分です。多くの方は人に知られることなく債務整理をしたいと考えるでしょう。それぞれの希望に添った債務整理の方法を選ぶことが重要です。債務整理の方法の中には、自己所有している自宅や車など資産に該当するものを処分する場合もあるので、状況に応じた選択が必要でしょう。

今後の返済に関しても、支払える状況とそうではない状況があると思いますので、返済の有無を確認して債務整理の手段を検討することになります。クレジットカードやローン、カードローンなどを利用する際は信用情報を確認して審査をしています。この信用情報にブラックリストとして掲載される可能性もあり、選ぶ債務整理によっては掲載期間が異なることも把握しておきましょう。

返済が出来ない状況に陥ると、心理的には落ち着かないことから、個人的に全ての処理をするのは難しくなります。弁護士などの専門家と相談しながら進めることで、正しい知識で債務整理が行えるとも言われています。この際に発生する費用も併せて検討するのが理想的です。出来るだけ社会的なダメージと必要な費用を軽減できる方法を選択してください。

関連サイト……アディーレ法律事務所