その他の債務整理

任意整理の他には過払い金請求と自己破産、個人再生があります。過払い金請求は、法律で定められている以上の金利が設定されることで多く支払った額が取り戻せるでしょう。ただし、弁護士などの専門家に依頼することから、着手金や成功報酬の支払が発生します。

また、自己破産や個人再生は、今後の返済がなくなる一方でデメリットは大きいと言われています。自己破産をすると信用情報にはブラックリスト掲載されるので10年間は新規の借入やローン利用が出来なくなります。持ち家のある方は処分も検討に入れることになるでしょう。官報への掲載や一部の職種に関しては制限を受けます。

個人再生は、持ち家を手放すことはなく、職業の制限もありません。しかし、自己破産と同じく10年間はブラックリストに掲載されることや、官報に掲載されること、そして他の3つの債務整理より煩雑な手続きがあるため時間がかかります。

お勤めの方は、一般の方がほとんど見ることはないとは言え官報に掲載されることは望まないでしょう。また、家族に内緒で債務整理したい場合は、持ち家を手放すことに抵抗があるかもしれません。借入者の望む債務整理をするためには、それぞれのメリットとデメリットを把握して選ぶことが重要です。